糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

男女

血液検査の要注意項目

メンズ

ヘモグロビンa1cは血液検査の項目の1つであり、ヘモグロビンとブドウ糖が結合した状態のものを言います。これは多過ぎると糖尿病などといった病気の疑いがあるので高すぎる場合は注意が必要な項目であると言えます。

詳しくはこちら

ヘモグロビン値と病気

老人

健康を維持するために体内で生産する必要があるものはたくさん存在します。その中でも血液に酸素を運ぶ役割を持つヘモグロビンはとても重要だといえるでしょう。ヘモグロビンは鉄を摂取することで増えます。そのために鉄分が多く含まれるグラノーラなどを効果的に摂取する必要があります。しかしヘモグロビンにもいくつか種類が存在し、中には糖尿病と密接に関係しているものもあります。それがヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cとは、健康診断の検査結果の中にあるHbA1cという項目のことです。これは、血糖値の状態を知るもので、糖尿病と深い関係にあります。ヘモグロビンは、血液の赤血球に含まれていますタンパク質の一種で、呼吸の際肺の中で酸素と結合して、この酸素を体中に送るという重要な働きを持っています。ヘモグロビンを含んだ赤血球は体中を回る間に血液中の過剰なブドウ糖と結合も行っています。ヘモグロビンa1cの値とは、このブドウ糖との結合が高いほど高くなることになります。つまり糖分が血液中にあふれている状態ということです。標準的なヘモグロビンa1cの値は、5.8パーセント以下とされていますので、これを超えることは、症状が悪いということになります。健康に良いとされているグラノーラですが、糖質も多く含まれている食品のため、糖質制限やダイエットを行っている方が食べる場合は摂取量などに気を付ける必要があるでしょう。

糖尿病の診断としての大事な指標であるヘモグロビンa1cをコントロールすることが、この病気を抑えることにつながります。引いては、合併症などの危険性を低減することにもつながります。なお、健康診断などで検査を受ける際には、次のような注意をして、正しい数値を出すようにしているところがあります。まず、検査は朝食事前の尿と血液を検査します。その後普段通りの食事をした後、1時間経過後の尿と血液を検査します。その後食べ物を口にしないまま、1時間後の尿と血液を検査します。つまり、食事をとりますと一時的に数値が上がりますので、その変化値の量及びどれくらいで数値が元に戻るか、ということをこれによって検査しています。

糖尿病の検査に重要

歩く人

ヘモグロビンa1cは糖尿病であるかどうかを判断することが出来る数値です。G1値が低い食品が数値を下げるのに効果的であり、身近にも豊富にありますので誰でも手軽に調節することが出来ます。数値が高いからといって急激に下げると血管にダメージを与えてしまうので、徐々に下げていくことが大切です。

詳しくはこちら

糖質の取りすぎと注意点

栄養補助食品

ヘモグロビンa1cとはヘモグロビンが血液中の糖質と結合してできた物質のことです。この数値が高ければ高いほど、健康面での負担、病気のリスクが高まるので検査結果によっては注意していかなければいけません。食生活の改善をして、病気になりにくい、より健康的な体を作っていく必要があるのです。

詳しくはこちら