血液検査の要注意項目|糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

ウーマン

血液検査の要注意項目

メンズ

どんな物質か

血液検査の項目の中にヘモグロビンa1cという項目がありますが、このヘモグロビンa1cは体内でどのような役割を果たしている物質なのでしょうか。これに関しては、ヘモグロビンa1cとは、血液中のヘモグロビンとブドウ糖が結合している状態のヘモグロビンのことを言います。そのような物質であるため、血液検査では糖尿病などといった血糖値での判断が必要な病気の判断を行うのに血液中のヘモグロビンa1cの数を確認します。通常の血液検査であると、過去数日分の血糖値の情報しか知ることが出来ないのですが、ヘモグロビンa1cは1,2か月体内に蓄積されるので、過去1,2か月の血糖値を知ることが出来ます。そのようなため、健康診断があるからそれまでの数日間食生活を直すということをしてもこの項目を見ればそれは通用しません。

高すぎると…

それでは、ヘモグロビンa1cの数値が高すぎる場合にはどのような病気を疑う必要性があるのでしょうか。これに関しては、まず先述の糖尿病です。これは主に食生活をはじめとする生活習慣の乱れが原因であり、それ以外にも高血糖症などといった病気を疑う必要があります。基準値に関してはは6.5パーセントを越している場合は糖尿病の可能性が高いとされています。やはり、外食やインスタント食品やお菓子などといったものが食生活の中に多く組み込まれていることが多いと血糖値は上がりやすいです。そのため、血糖値を下げる役割を持つ緑黄色野菜やこんにゃく、大豆製品などを多く食べるようにする他、サプリメントを服用して血糖値を出来るだけ自力で下げることが出来るようにしましょう。