糖質の取りすぎと注意点|糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

ウーマン

糖質の取りすぎと注意点

栄養補助食品

糖質を摂りすぎたら

よく健康診断などで血糖値の数値ばかりを気にしてチェックしている人もいるかもしれませんが、血液検査の際にはさらに着目していきたい項目があります。それはヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cと聞いてもピンとこない人も多いでしょうが、実はこの数値をチェックしておくことで自身の血糖値をより正確に把握することが出来るのです。ヘモグロビンは酸素と結合し、血液の流れに乗ってその酸素を全身に供給していく役目を果たしています。このヘモグロビンはこうした役目の他に血液中の糖質と結合する働きもあり、この糖と結合した状態のものがヘモグロビンa1cなのです。つまり、この数値が高ければ高いほど、血中に糖質が多く流れ出ているということなのです。

血液の状態把握

ヘモグロビンa1cの数値は血糖値とは違い、その日の食事の内容に数値が影響されません。少なくとも1か月、2か月単位で数値が変化していくものなので、より正確な血液の状態を把握していくことが出来るのです。この数値が高い状態が長く続けば続くほど、重大な病気を引き起こす可能性も高くなるため注意が必要になります。場合によっては食事の改善、脂っこい食事や炭水化物の摂りすぎを控えることが重要になってくるのです。より健康的な体を作っていきたい、さらには生活習慣病の予防をしていきたいという場合にはまず、このヘモグロビンa1cの数値をチェックしていくことをお勧めします。数値があまりにも高い場合にはより積極的に食生活の見直しをしていくことになるのです。