糖尿病の検査に重要|糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

糖尿病と深い関係|ヘモグロビンとグラノーラ

ウーマン

糖尿病の検査に重要

歩く人

G1値の低い食品が効果的

糖尿病であるかどうかを調べるのに重要な数値が、ヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cとは血液中にあるヘモグロビンとブドウ糖が結合したものですが、ヘモグロビンが含まれる赤血球の寿命はおよそ120日前後です。通常であればヘモグロビンa1cは血液中で増え続けることはありませんが、血液中に余分な糖分があるとそれだけヘモグロビンa1cが増えることになって糖尿病であるかどうかを判断することが出来るのです。この数値を下げるのにはG1値が低い食品が効果的です。G1値の低い食品には食べた後の血糖値の上昇が緩やかになるという特徴があり、血糖値を低い数値で抑えることが可能なのです。レタスやほうれん草、牛乳やヨーグルトなど身近にある食品の中でも豊富にありますので誰でも手軽にヘモグロビンa1cの数値を調節することが出来ます。最近では糖尿病予防のサプリなどにヘモグロビンa1c を下げる効果がありますので、上手く活用するとよいでしょう。

徐々に下げることが大切

糖尿病であるかどうかを判断する目安となるヘモグロビンa1cですが、ただ下げれば良いというものではありません。実は急激にその数値を下げてしまうと血管にダメージを与えてしまうことがあるのです。そうすると細い血管が炎症を起こしたり出血したりといった問題が起きることがあります。これを防ぐには半年間で2%ずつヘモグロビンa1cの数値を落としていくことが理想とされています。また、勘違いしてしまう人も中にはいますが常にヘモグロビンa1cの数値を気にする必要はありません。特に食後は誰でもヘモグロビンa1cが上昇することになります。その為、より気にする必要があるのは食前の空腹時の数値です。空腹時に基準値を上回っている場合は、食生活の改善を検討することは大切です。